地域医療に貢献する原病院のグループ施設です。
work for 高崎事業所の写真をもっと見る

メディカルの経験を提供

メンタルの専門ドクターから見ると、一般的な就労移行支援事業所のような空きビルに机を並べてオフィス風にすることは疑問があります。まずは、心を癒すことが先で、机に座って学ぶのは後ではないでしょうか。私たちは、施設にも予算を使い、心を癒す空間にしています。また、研修・トレーニングのもっと手前でやるべき事があるはずです。それは、本人の心をいやす「聞く」「話す」から無理なく始めることです。

私たちは、メディカル連携の強みを生かした施設とプログラムを提供します。

選ばれる3つのポイント

1:医療法人原会が運営

1:医療法人原会が運営
医療法人原会は、元東京大学精神科准教授の中安信夫先生の外来予約を受けられる等、最新医療と充実した施設を持つ原病院を中核施設に持ち、介護・リハビリ・養護・認知症など各施設も展開しています。その中に、就労移行支援事業所があります。そのため、医療面での協力体制が完備されており、安心してお任せいただけます。
■最新医療と充実した施設の原病院と連携
■緊急対応、トラブル対応可能

2:無理なく、効果的なプログラム

2:無理なく、効果的なプログラム
原病院では、精神科を中心とした診療を長年行ってきました。これまで多くのドクターが積み上げてきた知見を提供します。また、障害者雇用を行う24の企業と連携し、施設内で業務を再現しています。
■メディカルの知見を提供
■多くの企業との連携、施設内で業務再現

3:落ち着ける空間

3:落ち着ける空間
心の専門家である原病院のドクターの経験上、会社のオフィスのような机に座って、落ち着くのは難しいでしょう。まずは、通いたくなる環境を作ることを目指しました。 採光にこだわった明るい雰囲気の中、最新でありつつも、木目調のやさしいデザインでリラックスして通えます。

5大プログラム

聞く・話す・自己管理・体力・習得
各プログラムから、無理なくスタートできます
  • 聞く
    聞く

    最初は元気に話せない方が多いので、まずはスタッフの話を聞くだけことからスタートできます。無理しないことが肝心です。

  • 話す
    話す

    会社の会議室のような緊張する雰囲気ではなく、雑談がしやすい施設の環境にしています。少しずつ、ご本人が話せるようにスタッフが協力いたします。

  • 自己管理
    自己管理

    服薬している場合には、自分で管理できるように学べます。どのように自己管理をしてよいのか、徐々にプログラムをこなしながら習慣づけができます。

  • 体力
    体力

    体力が衰えている方が多いのが現状です。通うこと自体が体力づくりになりますが、軽い体操やストレッチなどのプログラムもご本人の調子を見ながら組みます。

  • 習得
    習得

    聞く・話す・自己管理・体力、というプログラムをこなしながら、徐々に具体的なスキルを身に着けられます。社会復帰に向けて進めていきましょう。

  • カスタマイズ

    全てのプログラムはカスタマイズ可能です。ご本人やご家族の意思を尊重しますので、お気軽にスタッフにご相談ください。

比較表

比較表

就職連携企業

就職連携企業 企業数 プログラム数
倉庫管理 3 5
クリーニング 3 3
一般事務 1 4
服飾関連 1 3
工場ライン作業 2 4
清掃業 3 3
警備会社 1 2
資源リサイクル業 1 2
食品ライン作業 2 2
食品加工業 3 3
介護施設 1 2
小売業 3 3
製造業 1 2
農業   2
  25 40

VRシステムで職場環境の再現

VRシステムで職場環境の再現

最新のVRシステムを導入しましたので、まずは会社を訪問せずに、施設内で職場環境を体験できます。心身ともに負担のすくないところから就職に向けたプログラムを進めています。

特集されました!

障害者施設のイメージを一新

障害者施設のイメージを一新

PDFで詳細にご覧いただけます→

ワークフォーが通いやすい理由

ワークフォーが通いやすい理由

一般的な就労移行支援事業所のような空きビルに机を並べてオフィス風にすることは通所者にストレスがかかります。まずは、落ち着ける場所を用意することが先で、机に座って学ぶのは後ではないでしょうか。私たちは、施設にも予算を使い、落ち着ける空間にしています。また、無理のないプログラムもご用意しています。まずは「聞く」「話す」から無理なく始め、自然と就労移行に役立つ内容に進める設計にしています。

利用者様の声

利用者様の声1
(男性 50代 Aさん)
前より自分の気持ちを話したり、誰かに伝えることができるようになった。自分から話しかけることが出来るようになりました。周りからも話しかけやすくなったと言われます。
利用者様の声2
(女性 40代 Bさん)
ワークフォーに来るようになって楽しみと毎日に張り合いが出来た。規則正しい生活になった。家に閉じこもることもなくなり、気分転換がうまく出来るようになった。
利用者様の声3
(男性 30代 Cさん)
他の事業所も何箇所が見学に行ったが、自分のやりたいプログラムがなかった。ワークフォーでは自分のやりたい事ができるのでここを選びました。来るようになって以前より元気が出て時間帯もバランスが取れるようになりました。

施設長紹介

「はじめよう明日を。はじめようここから。あなたの未来に自信と笑顔を。」

workfor 管理者

ワークフォー高崎は、“こうしたい。こうなりたい。”を形にできる場所を目指します。
安心して一歩を踏み出せるような環境と個別対応を基本に自分のペースで無理なく取り組めるプログラムを準備してお待ちしています。
私たちにあなたのスタートを応援させて下さい。
施設の見学等も随時、受け付けています。
まずはお気軽にご連絡をいただけたら幸いです。丁寧にご対応させていただきます。

ワークフォー高崎 管理者 木村念伸

事業所職員の紹介

  • 生活支援員 安藤
    生活支援員 安藤

    皆さんの体調管理や生活相談など、自立サポートを支援します。楽しく笑いながら生活して、未来を実現するお手伝いをさせてください。

  • 就労支援員 石井
    職業指導員 石井

    焦らずに、一緒に考えましょう。無理のないペースで現実的な将来を約束します

  • 相談支援専門員 岸田
    相談支援専門員 岸田

    真剣に、そして寄り添う気持ちをモットーに。皆さんやご家族の話を聞かせてください。ご希望に沿った各種サービスを、地域一番を目指した速さでご紹介させていただきます

施設概要

  • 高崎事業所

アクセス

  • work for 高崎事業所
    高崎駅から徒歩1分です。

    〒370-0849
    高崎市八島町70ラ・メルセ2F
    電話:027-395-0580
    FAX:027-395-0581
高崎
メールはこちら

よくある質問

メンタル不調な人だけでなく、希望者はだれでも利用できますか?
はい、空きがあれば、どなたでもご利用いただけます。
ただし、利用希望者が多数の場合には、お待ちいただくことになりますので、見学だけはお早めにお願いします。
原病院と連携とありますが、他の病院にかかっていても大丈夫ですか?
はい、全く問題ありません。
他の事業所から移転したいのですが、可能でしょうか。
はい、可能です。ただし、人数に限りがございますので、空き状況をご確認ください。
上へ戻る